倉戸ヨシヤ先生 日本心理臨床学会 学会賞 受賞のお知らせ

「このたび本学会理事長の倉戸ヨシヤ先生が、日本心理臨床学会から
学会賞を授与されましたのでご報告いたします。」

日本臨床ゲシュタルト療法学会事務局  

2018年度日本臨床ゲシュタルト療法学会のお知らせ

2018年度日本臨床ゲシュタルト療法学会のお知らせ

《日本臨床ゲシュタルト療法学会第9回大会》

《日 程》 2018年12月8日(土)10:00〜18:30
《会 場》 大阪クリスチャンセンター(大阪女学院大学に隣接)
《大会参加費》 学会員5,000円 非学会員7,000円 院生・学生:3,000円
         参加には、事前にお申込が必要です(申込書12月1日必着)
         *臨床心理士の方は継続研修ポイントを申請する予定です。


パンフレットはこちら(PDF形式)から、
お手数ですが郵送は、こちら(PDF形式)から、
e-mailの場合はこちら(MS word形式)から

申込書をダウンロードして必要事項をご記入の上、「申込書」を平成29年12月1日(土)までに、
下記住所まで郵便でお送りいただくか(申込書12月1日必着)、
「申込書」を添付、または「申込書」にある事項を記載し、下記メールアドレス宛にお送り下さい。

〒607-8175
京都市山科区大宅山田町34 京都橘大学 健康科学部心理学科
中西龍一研究室気付 日本臨床ゲシュタルト療法学会事務局

メール nakanishi-r@tachibana-u.ac.jp

日本臨床ゲシュタルト療法学会 第九回大会 プログラム

《日本臨床ゲシュタルト療法学会 第九回大会 プログラム》

【受付】 10:00〜
【基調講演】 10:30〜12:00
 「”善”は真に”善”か。同様に”悪”は真に”悪”か ー図地反転の視点からー」
    演者:倉戸ヨシヤ(大阪市立大学名誉教授)


【個人研究発表】 13:00〜15:10
【発表1】 13:00〜13:40 (40分)
  「声に出してみることによって見えた次の景色―ゲシュタルト療法50セッション訓練の気づき―」
    発表者:吉野 真紀(日本福祉大学)


【発表2】 13:45〜14:25 (40分)
  「SCが触媒として機能することの重要性 -生徒と教員へアプローチを行った一事例-
    発表者:大林 裕典(大阪府立大学心理臨床センター)


【発表3】 14:30〜15:10 (40分)
  「体験に開かれることと他者と関わること-ゲシュタルト療法50セッション訓練を振り返って-」
    発表者:岡田 康志 (仁愛大学附属心理臨床センター)


【フォーラム】 15:20〜17:20(120分)
  「子育ての喜びと苦労、そこに気づきはあるのだろうか」
    司会者:金子 周平(九州大学)
    話題提供者:原谷 直樹(大阪府中央子ども家庭センター)
    津田 恭子(大阪市弘済小中学分校学習サポーター)
    井口 和(えん社会福祉事務所)


【学会全体の体験のシェア】 17:25〜18:25(60分)
   司会者: 細越 寛樹(関西大学)中西 美和(大阪女学院大学)


【総会】 17:35~17:50
    事務局長 中西 龍一(京都橘大学)