日本臨床ゲシュタルト療法学会

日本臨床ゲシュタルト療法学会とは

日本臨床ゲシュタルト療法学会
(英文名:The Japanese Clinical Gestalt Therapy Association)は
ゲシュタルト療法が心理療法であることに鑑み、臨床心理士、認定心理士、認定カウンセラーなど
心理臨床や関係領域に携わっている研究者や実践家の研鑽や交流の場であります。

本学会は、ゲシュタルト療法の提唱者パールズ(Perls, F.)が
「テクニックを使えるからというだけで自らをゲシュタルト療法家と呼んでいる人々に対して
遺憾に思っている。(中略) 
テクニックというのは“仕掛け”であり限られた状況においてのみ用いられるべきである」
  (「バーベイティム」序(訳)p.1)
とあるように、ゲシュタルト療法の本質を体得し研究に実践に励み来談者の人権を尊重する
心理療法を志す専門家の集う場であります。

年次大会や機関誌の発行、研修会(ワークショップ)などを開催します。
また、海外の研究者や実践家との交流にも力を注ぎます。

                                理事長  倉戸 ヨシヤ